スタッフブログ

どっちが得?8%10%

成田 峰夫 自己紹介へ
2018/10/19(金) 家づくりのこと

消費税は10%になりますか?

 

にわかにニュースなどで伝えられていますね

実際に軽減税率。住宅ローン減税。贈与税の特例。

10%に上げても大丈夫アピールが透けて見えます。

 

 

下記の表は8%時と10%になってからの

『もらえるお金が多くなるよ!表』です。

 

上が【 すまい給付金 】

※家を建てれば、お金を借りてなくてももらえるお金です

 

下が【 贈与に関する軽減税率です。】

※親や祖父母からお金をもらっても税金がかからない額表です。

 

 

 

 じっくり見なくて構いません。

 なんとなく?得するのか~?ぐらいで良いと思います。

 

自分に置き換えた時。

どうすると得で、どうすると損なのかはそれぞれです。

 

損という表現は正しくないかも知れません。

特例を最大限に利用して、有利に借りたり、払う税金を節約したり

 

家を建てるときは、『 チャンス!』だと感じて頂ければ良いです。

 

 

 

ケース・バイ・ケースなので興味が出たら

近場の住宅会社でも良いので訪ねてください。

気軽に電話ください。

 

 

 

下記の表は消費税のUPと着工件数の関係。

あまり話されないですが、実は着工件数が下がると建築費も下がる傾向にあります。

 

土地も家もみんなが欲しいときは、

人が足らない。材料が値上がりする。土地も欲しい人が多ければ、当然値上がりします。

 

8%?10%?どちらが得?損?

 

 

 

岡崎北部の銀行の人からこんな話を聞きました。

 

銀行マン『 トヨタ系で働いていて、お父さんが急に亡くなってしまいました。』

 ◇住宅地に建売(資産価値2500万円)

 ◇生命保険(1500万円)

 ◇退職金(2000万円)遺族手当など 

 ◇預貯金(1000万円)定期や家財など

 

銀行マン『 一例ですが5000万以上の資産に気が付いていない奥様が多いんですよ。』

銀行マン『 本音を言えば、わかればいろいろアドバイスできるのですけどね~』

 

正直、現金を見ていないからであって、みなさんこう言います。

お客様『 そんなに財産もないから~』

 

『 ちゃんと計算しませんか?』

『 チャンスを利用しませんか?』

 

 

記事一覧

1ページ (全35ページ中)