スタッフブログ

タイルデッキという選択肢

中村 秀彦 自己紹介へ
2018/12/12(水) 家づくりのこと

こんにちは

 カナルホーム営業担当の中村です。気が付けば今年ももうわずか、これからクリスマスにお正月楽しいことがいっぱいですね。

 また一気に寒くなりましたが年末年始のイベントをより楽しむためにも元気が基本、皆さんもお体気を付けて下さいね。

 さて今日は建物の本体ではないですが、ウッドデッキとタイルデッキのご紹介をしたいとおもいます。

 

新築計画の打ち合わせをしているとウッドデッキをつくりたい、という声は結構あるのですがウッドデッキと比べるとタイルデッキをつくりたいという声少ないように感じます。理由はそもそもタイルデッキという選択肢が頭にない、という方が多いようです。

 

そんなタイルデッキのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット① 熱に強い ・・・お庭でBBQをやりたい場合、ウッドデッキは熱に弱いため変形の原因になり推奨されませんがタイルなら思いっきりBBQをやっても問題ありません。

 メリット② 掃除しやすい ・・・タイルは足元に隙間がないためデッキ下に枯れ葉が溜まって掃除できない、という心配はありません。

 メリット③ 耐久性が強い ・・・タイルは素材自体の劣化が起こりにくいのでウッドデッキ(樹脂や天然木)に比べて長く使うことができます。また大きな傷は一部のみ張り替えができるのも魅力です。

 

デメリット① 熱を通しやすい ・・・タイル上で何かをするには問題ないですが、真夏はかなり高温で、真冬は氷のように冷たくなります。基本はサンダルや靴が必須になります。

 デメリット② 撤去が大変 ・・・将来的にお庭を駐車場増設するなどで撤去する際はウッドデッキより高額になります。

 

 

タイルのメリット・デメリットを紹介しましたが、実際は建築する土地の広さ、形状、生活スタイルによってさまざまですから打ち合わせの中で住まいの夢をお聞きして提案しています。

 

ちなみに気になるお値段はというと、タイルの種類によって大きく変わりますが一般的な物であればウッドデッキをつくるのとほとんど同価格か施工面積が広れば割安になるといった感じでしょうか。以前取った見積もりでは玄関ポーチに使うものと同じタイルで4帖分でウッドデッキと同価格16帖分でウッドデッキの半額位になりました。施工条件、物の種類で変わりますのであくまで参考です。

 

これからどんな家をつくろうか、庭でBBQをしたり、デッキでお酒を楽しんだり、機会があれば色んな夢を聞かせ下さい。

 

ウッドデッキの施工事例はこちら

 

  

記事一覧

1ページ (全29ページ中)

ページトップへ