スタッフブログ

太陽光発電に未来はあるのか?

成田 峰夫 自己紹介へ
2017/11/14(火) 家づくりのこと

太陽光発電について興味はありますか?

 

2009年からエネルギー需要対策として、高額な買取がスタートしました。

48円/KWhから始まり2019年は24円/KWhとだんだん買取価格が安くなってきました。

それに合わせて、設置価格も安くなってきたわけですが、これからどうなるのでしょう?

 

 住宅用(余剰買取10KWh以下)の場合は10年間。

産業用(全量買取10KWh以上)の場合は20年間。

同じ料金で買い取ってくれます。

 

少しマニアックな話になりますが、FIT制度が2012年にできました。

当初、買取費用は約2500億円⇒2016年は約2兆3000億円と十倍になりました。

買い取っているのは電力会社ですが、費用を負担しているのは誰ですか?

 

 

 

 電気料金に追加されています。☝

 

え~!と思うかもしれませんが、ほぼ資源を輸入に頼っている現在では

再生可能エネルギーを普及するには、仕方がないのかも知れませんね。

でも、再エネ発電賦課金等の欄が年間10,000円を超えると報道された時には

オイオイ❕とは思いましたが( 一一)

 

経済産業省の見立てでは、買取価格は2020年以降、

11円/KWh(全量買取)ぐらいになるのではということです。

結果、早いもの勝ちだったということでしょうか?

 

すでに北海道、東北、四国、沖縄電力は全量買取を中止または制限しています。

10年経ったら、20年経ったら、もう買い取ってくれない?

一応、固定価格が終了した時点で、電力会社と交渉となっています。

電力の自由化で買い取り専門の会社が現れるかも知れません。

 

では、太陽光発電の未来はあるのでしょうか?

 

 

 

 当たり前ですが、朝と夕方、寝るまでが一番電気を使います。

仮に買い取ってもらえなくても、電気代が安くなるわけですから

メリットはあります。電気代が安くすみます。これは大きいでしょう。

 

さらにメリットを生かすために

 

①蓄電池の活用。

今は高額の蓄電池ですが、これから安くなり、発電した電力を無駄なく使いきるようにすれば

本当の意味のゼロエネルギーになります。

 

②新しく開発された電化製品の活用

先ほどの表の通り、一番発電するときにあまり電気を使っていません。

蓄電式の冷蔵庫、テレビ、その他家電が登場するはずです。

 

太陽光発電の価値を上げるために、設備投資をする。

電気を売るとは全く違った発想が必要になります。

 

安い深夜電力を使ってお湯を沸かすエコキュート

お昼に沸かすタイプが研究されているという噂もあります。

 

『 太陽光発電に未来はありますか?』

雨の日にお湯が沸かない?なんてことにはならないと思いますが………。

 

  

記事一覧

1ページ (全34ページ中)